ABOUT

あなたと未来を紡ぐ、カポック専業ブランド ファッションを楽しむことが あなたの心も身体もエンパワーすることであってほしい。 わたしたちが選んだことのひとつひとつが、わたしたち自身を形どっている。 カポックノットは 「結び目」を意味するknot(ノット)を冠し、 そのロゴは「末永く」を表現する水引をモチーフとしています。 次世代に永く続く、持続可能なものづくりの環境のためにわたしたちは選択をします。 表面的なことに囚われて、機能的でないものづくりで、我慢を強いることをしない。 誰かを傷つけ、不当な環境におくものづくりに加担しない。 わたしたちが関わる人や環境が壊されていく過程に加担しない。 そうやって私たちが選んできたひとつひとつのことたちが カポックノットをつくっています。 わたしたちが選んだことのひとつひとつが、わたしたち自身を形どっている。 そんなあなたの選択のひとつに、わたしたちのブランドがなれたら。 こんなに嬉しいことはありません。 ■MESSEGE カポックノットは皆さんと一緒に地球の持続可能な未来を考えるブランドです。 ≪あなたと未来を紡ぐカポックの船出≫ をコンセプトにカポックという新しい素材の切り口から、 新しいライフスタイルを提案します。 ①植物由来なので、アニマルフリーが実現 ⇒従来のダウンは水鳥の羽が使用され、 1説では≪1つのダウンにダウンジャケットには約70羽分の羽毛≫ が使われているともいわれています。 カポックノットの商品で使用する綿は植物由来ですから、 その事実に心を痛める必要がありません。 ②購買活動が未来のカポック植樹につながる循環型社会 ⇒カポックノットは、商品を買っていただいた売上の一部から、 カポックの植樹や品種改良を行うことを約束します。 ≪持続可能な商品の生産サイクル≫を成立させ、 循環型社会を小さなところから始めます。 ③寒さを圧倒的に理解しているその道60年の職人 ⇒カポックノットでは丁寧な商品づくりを大切にしています。 今回の商品の縫製は日本の北の大地、北海道で行っています。 また、カポックノットで生産を依頼している山川茂さんは、 この道一筋60年の職人で、国際的権威のあるミケランジェロ賞を 日本人初受賞した人物でもあります。 北海道に居を構え、「寒さ」を身に持って体感している 最高の縫製職人の手技(てわざ)によってカポックノットの コートは生まれました。 ≪私たちはこのカポックが世界を救うと本気で考えています。≫